医療法人社団 一陽会 服部病院 兵庫県三木市 特殊外来ヘルニアセンター、脳神経外科センター、糖尿病指導外来、脳神経外科センター、乳がん(マンモグラフィ)、人工透析

>> 服部病院トップページ >> 各部署案内 >> 診療協力部

各部署案内

薬局

 薬局では、安全に有効な薬物治療をうけていただけるよう、医薬品の安全使用に努めています。主な業務は次のとおりです。

1.調剤・院内製剤
 用法・用量が適正か、飲み合わせの悪い薬はないか、投与法に合った剤形か?などをチェックし、医師の処方に基づいて調剤をしています。

2.注射の払い出し
 注射処方箋に基づいて、投与量や配合変化、薬剤の重複がないか?などを確認の上、個人別にセットしています。

3.服薬説明
 当院では、各病棟に薬剤師を配置しています。入院されるまでにどのようなお薬を飲まれていたか?を確認する持参薬の鑑別、初回面談、処方されたお薬の飲み方、効果、副作用、注意していただきたいことなどの説明を行っています。

4.医薬品情報管理
 医薬品に関する情報の収集、評価を行い、医療スタッフへの情報提供を行っています。

5.医薬品管理
 院内で使用される医薬品の品質管理、在庫管理を行っています。

6.チーム医療のへの参加
 栄養サポートチーム(NST)、感染対策チーム(ICT)、褥瘡対策チームなど、専門チームに参加し、他職種と情報を共有しています。

薬局 薬局

臨床検査室

 当院検査室には、臨床検査技師が3名在籍しています。病気の治療や早期発見・予防を支援するために、迅速かつ正確なデータを提供できるよう、日夜努力しています。

 業務内容は大きく分けて2通りあります。
(1)検体検査
患者様から採取した血液や尿、便などの検査を行う。主に生化学検査や血液一般検査、尿検査、便潜血検査、輸血検査、髄液検査など。

(2)生理検査
直接、患者様に接して検査を行う。主に心電図(安静時)や24時間ホルター心電図、超音波検査、ABI、肺活量、脳波、神経伝導検査など。

臨床検査室

放射線室

 放射線室では、画像診断で病気を発見するさまざまな撮影、検査を行っております。現在5名の診療放射線技師(男性4名、女性1名)により、さまざまな装置を用いて、あらゆる部位の撮影、検査を行って おります。

  • <主に使用する装置一覧>
  • ・一般撮影装置【東芝製】
  • ・CT装置【シーメンス社製:16列MDCT】
  • ・MRI装置【フィリップス社製:1.5T】
  • ・X線TV装置【東芝製】
  • ・骨密度検査装置【ホロジック社製】
  • ・乳房撮影装置【東芝製】
  • など

 また当院では、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定を受けた医師、放射線技師が在籍しており、マンモグラフィはすべて女性技師が対応しています。

放射線室 放射線室

リハビリテーション室

 リハビリテーション室では、理学療法士11名、作業療法士4名、言語聴覚士2名、助手2名のスタッフが明るい職場作り、常に思いやりをもって患者様に接することに心がけ、機能の回復や日常生活で困っていることに専門的な立場から支援を行っています。

 

【理学療法‘physical therapy’とは?】
 身体の諸機能に何らかの障害のある方に対して、主としてその基本的動作能力(坐る・立つ・歩く・体や手足を曲げ伸ばしする基本的な動作能力)の回復を図るため、徒手療法および物理療法(温熱・電気療 法)を行います。

リハビリテーション室室

【作業療法‘occupational therapy’とは?】
 身体または精神に障害のある方に対して、主体的な生活が獲得できるように、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行うことです。
 作業療法の「作業」とは、人が生活していく中で行う行動のすべてのことをいいます。例えば、食事・トイレ・更衣等の日常生活の諸動作や、仕事なども「作業」のひとつになります。
 作業を通じて運動・精神機能、日常生活動作能力、社会生活適応能力などの維持・改善を目指します。

リハビリテーション室室

【言語聴覚療法‘speech therapy’とは?】
 脳血管障害などにより、言葉の障害(ことばが出てこない、呂律が回らない)によりコミュニケーションに問題がある方々に対して、言語機能の回復、円滑なコミュニケーションの確立のため、訓練・指導・ 助言を行います。
 また、食事の際に咳が出たり、ムセてしまうなど、摂食・嚥下機能に問題がある方々に対する嚥下(飲込み)訓練も行います。

リハビリテーション室室

臨床工学室

 臨床工学室では、13名の臨床工学技士が常勤しています。"徹底して安全管理に取り組む"を基本姿勢とし、主に血液透析業務を行っています。

 透析室では、透析液管理を徹底し、オンラインHDFや逆濾過透析液を使用した自動システムを導入して効率性、安全性を向上させています。

 また、各種学会や研究会などにも積極的に参加し、スタッフの知識向上に努めています。

 他に内視鏡業務や各種医療機器(人工呼吸器、心電図モニター、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器など)の保守管理業務、院内スタッフに向けた医療機器の教育指導も行っています。

 我々臨床工学技士は、今後とも患者様により安全な医療機器を提供できるように努めていきます。

 スタッフの学会発表業績を掲載しました。詳細はこちら

 

臨床工学室

栄養科

 主治医の指示により、患者様の病状にあったお食事をご用意させていただいています。

 入院中の楽しみでもあるお食事を通じて季節感を味わっていただけるよう工夫し、品質の良い食材料と、ひと手間かけた調理技術を駆使し、温冷配膳や食事時間(7:30、12:00、18:00)などにも配慮させていただいています。

 食事形態があっていない、食欲がない場合などは管理栄養士が病棟訪問し、食事内容を調整させていただきますので、お気軽にご相談ください。

 低栄養患者さまには適切な栄養量と適切な方法で栄養管理が実施されているかなど、専門スタッフによるNST(Nutrition Support Team)を作り、栄養支援活動を行っています。

 透析、腎不全、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームなどの外来栄養食事相談も行っており、担当医師と管理栄養士による糖尿病指導外来も開催しています。

栄養科

行事食(お正月)

栄養科

外来栄養食事相談
月〜土曜日 9:00〜16:00

糖尿病指導外来
月2回の水曜日 14:00〜16:00

医事課

 「医療の世界はサービス業」と言われて10年以上経ちますがその間、医療を取り巻く環境や患者様のニーズは多様化し、医療機関は患者様の立場に立った、患者様中心の「質の高いサービスの提供」 へと意識改革が求められています。

 また、病院経営に直結する診療報酬制度の知識の向上を目指し、以下の取り組みを行なっています。

 1.接遇の質の向上
1人1人が「病院の代表」「病院の顔」であることを意識し、接遇の5つの基本を身につけます。

  • <5つの基本>
  • 1.あいさつ
  • 2.表情
  • 3.身だしなみ
  • 4.態度
  • 5.言葉遣い

 2.診療報酬制度の知識の向上
診療録を読み取る力を向上し、新しい技術に対しての各分野との情報交換を行ない、各種勉強会を通じて精度の向上を目指します。

医事課
各部署案内
  •  
  • ホームに戻る
このページの一番上に
サイト内 WWW