医療法人社団 一陽会 服部病院 兵庫県三木市 特殊外来ヘルニアセンター、脳神経外科センター、糖尿病指導外来、脳神経外科センター、乳がん(マンモグラフィ)、人工透析

>> 服部病院トップページ >> 病院案内

院長ご挨拶

 服部病院は、昭和42年に現在地に開設し、常に地域に密着した地域の住民に愛される医療機関を目指し、患者様の信頼と満足のいただける良質な医療の提供に心がけてきました。
 以来40年以上が過ぎ、地域住民をはじめ、地域医療関係者の多くの方々の暖かいご支援・ご理解に支えられて当初の外科専門診療所から今では多くの診療科を掲げる病院にまで成長してきました。
 当院では、MRI・CT・リハビリ機器・人工透析機器など最新の医療機器を計画的に導入しています。また、日本医療機能評価機構の認定により、第3者からの評価に耐える病院運営を行っています。
 平成20年には検査棟の新築や中病棟・西病棟の改装等を行う中で、病院の機能・設備の刷新・充実を図りました。
 平成24年秋には、医療を必要とする要介護者が増加している現状を踏まえ、当院北側に特別養護老人ホーム「えびすの郷」を開設しました。又、平成25年春には働きやすい職場を目指し、院内保育所を整備しました。

 今後とも、地域住民の健康と医療を担う中核病院として一層信頼されますよう、努力して参ります。

院長 服部 哲也



私たちは、利用していただける方々に最善の医療を尽くすことに努めます。

  1. 地域住民の方との繋がりを大切にします。
  2. 患者さんの人格を尊重しつつ、チームで安心・安全な医療の提供に努めます。
  3. 予防・医療・介護との継続、かつ、透析医療においてリードする病院をめざします。
  4. 医療の専門職として、継続学習と人間性豊かな医療人の育成に努めます。
  5. 職員が自主・自律の精神のもと、働きがいのある職場環境をつくります。

昭和42年 3月 現在地に服部外科医院を開設
院  長 服部 三郎
病 床 数 7床(一般病床)
<診療科目>
外科、整形外科、胃腸科、
皮膚科、泌尿器科、放射線科、
内科、小児科
昭和44年 11月 3階建病棟(現在の中病棟)
を増築し、病床数を17床に増床
昭和54年 5月 中病棟に透析室および手術室を整備
昭和61年 10月 名称を服部病院とし、病床数を55床に増床
平成 6年 12月 新病棟(現在の本館)を新築し、病床数を150床に増床
平成 7年 12月 西病棟を増築、第二透析室が完成
平成16年 3月 法人設立【医療法人社団 一陽会】
理 事 長 服部 三郎
院  長 服部 哲也
  7月 医療法人社団一陽会 
服部病院 開設
<診療科目>
内科、消化器科、循環器科、
外科、整形外科、婦人科、
リハビリテーション科、
放射線科
平成18年 8月 新理事長に服部 哲也が就任(院長兼任)
平成19年 4月 関連施設 三郎記念クリニック(東加古川)がオープン
  8月 脳神経外科 診療開始
平成20年 7月 西病棟の1階を改装し、リハビリ室を拡充
  9月 検査棟を新築し、MRI及び第2手術室等を設置
  10月 中病棟を全面改装し、
地域医療センター及び
検診センターが完成
平成22年 11月 日本医療機能評価機構による病院機能評価Ver.6.0を
取得(更新)
平成24年 10月 関連施設 特別養護老人ホーム「えびすの郷」がオープン
平成25年 4月 院内保育所オープン
平成26年 3月 電子カルテ稼働
平成28年 4月 回復期リハビリテーション病棟(36床)・通所リハビリテーション(37人定員)開始
平成28年 8月 日本医療機能評価機構による病院機能評価3rdG:ver1.1を
取得(更新)

病院概要

■ 病院規模

●敷地面積:14,342.64m²
●延床面積:  9,356.13m²

本館棟 地上5階
中病棟 地上3階
西病棟 地上3階
検査棟 地上2階

リハ棟 地上4階


 ●構  造:鉄筋コンクリート造


■ 診療科目

●内科
●腎臓内科

●糖尿病内科
●消化器内科
●循環器内科
●外科
●脳神経外科
●整形外科
●婦人科
●リハビリテーション科
●放射線科
【24時間救急受入救急告示医療機関】


■ 施設基準

●一般病棟入院基本料(13:1)
●療養病棟入院基本料1

●回復期リハビリテーション病棟入院料2
●救急医療管理加算

●超急性期脳卒中加算

●診療録管理体制加算2

●医師事務作業補助体制加算(40:1)
●看護補助加算1
●療養環境加算
●療養病棟療養環境加算2
●栄養サポートチーム加算

●下肢末梢動脈疾患指導管理加算

●病棟薬剤業実施加算1
●医療安全対策加算2

●感染防止対策加算2
●退院調整加算
●救急搬送患者地域連携紹介加算
●救急搬送患者地域連携受入加算

●総合評価加算

●データ提出加算

●地域包括ケア入院医療管理料1
●糖尿病合併症管理料
●夜間休日救急搬送医学管理料
●ニコチン依存症管理料
●地域連携診療計画退院時指導料(I)
●がん治療連携指導料
●肺炎インターフェロン治療計画料
●薬剤管理指導料
●医療機器安全管理料1
●HPV核酸同定検査

●検体検査管理加算( II )
●埋込型心電図検査
●神経学的検査
●CT撮影及びMRI撮影
●脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
●呼吸器リハビリテーション料(I)
●集団コミュニケーション療法料
●透析液水質確保加算(II)
●脳刺激装置植込術及び交換術
●背髄刺激装置植込術及び交換術
●ペースメーカー移植術及び交換術
●医療点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術

●医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術瘻
●輸血管理料II
●輸血適正使用加算

●胃瘻造設時嚥下機能評価加算

●入院時食事療養(I)、入院時生活療費(I)
●酸素加算


■ 各種指定

●救急告示病院
●保険医療機関
●生活保護法指定
●労災保険指定
●結核予防法指定
●障害者自立支援法指定(更正医療)
●特定疾患医療機関
●原子爆弾被爆者に係る指定医療機関
●日本透析医学会教育関連施設
●日本整形外科学会研修施設
●日本医療機能評価機構 認定病院(3rdG:ver1.1)
●全国健康保険協会 生活習慣病予防検診指定医療機関認定
●三木市まちづくり健診(個別健診)
●労災保険2次健診指定医療機関


■ 学会認定医

●日本内科学会認定医

●日本内科学会総合内科専門医

●日本消化器病学会消化器病専門医

●日本消化器内視鏡学会専門医
●日本腎臓学会専門医及び指導医
●日本透析医学会専門医及び指導医
●日本外科学会専門医
●日本脳神経外科学会専門医
●日本脳卒中学会専門医
●日本リハビリテーション医学会認定医
●日本整形外科学会専門医
●日本産婦人科学会専門医
●母体保護法指定医
●検診マンモグラフィ読影認定医


■ 主な検査機器

●1.5テスラMRI
●マルチスライスCT
●X線診断装置(汎用・乳房用)
●X線透視診断装置
●超音波診断装置(一般・婦人用)
●心電図検査(ホルター心電図・負荷心電図)
●眼底検査
●骨密度測定
●肺機能検査
●脳波検査
●電子内視鏡検査 (腎臓精密検査・腎生検)
●神経伝導検査


■ 入院設備/病床数:179
床 

●一般病棟129床…急性期患者の治療
●療養病棟 50床…慢性期患者の治療


■ 専門外来

●糖尿病
 (担当医師:西澤 衛、第3水曜日の14時〜16時、要予約)
●腎臓病
 (担当医師:関田憲一、毎週火曜日午前診・金曜日午前診及び夜間診)


■ 診療時間

午前診 : 午前 9:00〜12:00 
午後診 : 午後 3:00〜5:00(脳神経外科・予約)
       午後 1:00〜5:00(婦人科・予約)
夜間診 : 午後 6:00〜8:00(内科・外科)


※日曜祝日休診 (急患は受付致します) 入院随時


■ その他

●駐車場:100台 福祉車輛配備(車椅子対応・寝台付)

●食 堂:50席

※なお、バリアフリー設備の整備状況につきましては、

次のとおりです。

 a) 段差解消のスロープを設置しております。

 b) 車いす使用者が利用できるエレベーターを設置しております。

 c) 駐車場に車いす使用者専用区画を設けています。

 d) 車いす使用者が利用できるトイレを設置しています。

病院の特色

  1. 救急告示病院として24時間体制の医療を担っています。
  2. 脳卒中・頭部外傷・骨折に対し、適切な治療を行える体制を整えています。
  3. 患者様本位の透析医療・腎臓内科専門医による腎臓治療を行っています。
  4. 当院はリハビリテーションに重点を置いた医療を行っており、急性期から回復期のリハビリテーションを実施しています。
  5. 健康診断・人間ドック・医療相談など予防医学に力を入れています。
  6. 長期入院患者様のため、療養病床を備えています。
病院案内
  • 病院概要 院長ご挨拶
  • 基本理念
  • 病院方針
  • 病院沿革
  • 病院概要
  • 病院の特色
  •  
  • ホームに戻る
このページの一番上に
サイト内 WWW